似合うデザイン FAQ

パーソナルデザインって何?

あなたの個性が最も引き立つファッションイメージ・・・それが「パーソナルデザイン」です。 生まれ持った顔立ちや体格など、様々な外見的要素からどのようなファッションが似合うのかを分析します。

​パーソナルデザインは以下の6タイプ(8種類)に分類されます。

  • キュート(ガーリッシュ)

    甘く少女っぽい印象。
    全体に甘い雰囲気でかわいらしさを強調した装飾(フリル・リボン)があるもの。丸みのある襟、パフスリーブ、フレアやプリーツ、ギャザースカートなど。
    ​甘さのないシンプルな着こなしだと、地味な印象になってしまいます。

    ​【主な有名人】
    宮崎あおい、松田聖子、千秋

  • キュート(ボーイッシュ)

    少年っぽい躍動感のあるタイプ。
    メンズライクな着こなしで女性らしさ、キュートさが際立ちます。
    シャープなラインが得意。
    曲線的で甘いデザインだと垢抜けない印象になってしまいます。

    ​【主な有名人】
    小泉今日子、高畑充希、内田有紀

  • キュート(アバンギャルド)

    シャープで斬新なデザインが似合う個性的なタイプ。コントラストの強い配色、最新流行のファッションも難なく着こなせます。
    スパイスを効かせるのが大切。
    コンサバすぎたり、変化のない真面目な着こなしだと、地味になり存在感が薄くなってしまいます。

    ​【主な有名人】
    ​仲里依紗、桃井かおり、倖田來未

  • フェミニン

    優雅で上品なお嬢様・奥様といった雰囲気。
    キレイめファッションが得意。
    ​個性的すぎるものや華美な装飾は、下品に見えたりキツく見えてしまいます。

    ​【主な有名人】
    ​檀れい、黒木華、佐々木希

  • グレース

    知的で都会的な、洗練された女性のイメージ。
    定番もの、コンサバファッションが似合います。上質な素材、本物志向。
    カジュアルで着崩したファッションだと、だらしなく見えてしまいます。

    ​【主な有名人】
    仲間由紀恵、松たか子、安藤優子

  • ロマンス

    セクシーで甘ったるい雰囲気を持つ大人の女性。
    女性らしい曲線的でボディコンシャスなラインが得意。
    胸元が大きく開いたデザイン、華やかな柄や装飾が似合います。
    カジュアルな装いだと野暮ったい印象になってしまいます。

    ​【主な有名人】
    藤原紀香、宮沢りえ、雛形あきこ

  • ナチュラル

    気さくで親しみやすい、カジュアルな雰囲気。
    ナチュラルメイクにジーンズ+綿シャツだけで美しく様になるタイプです。
    素材は豪華なものより、自然で着心地のよい天然素材(コットン・麻・レザーなど)を使ったラフでカジュアルな装いが似合います。

    ​【主な有名人】
    天海祐希、松嶋菜々子、綾瀬はるか

  • ファッショナブル

    人目を引く、個性的で華やかな雰囲気。
    ​存在感があって目立ち、第一印象に迫力のあるタイプ。

    アシンメトリーなライン、大柄なもの、大振りなアクセサリーが似合います。
    とにかく派手で存在感があるので、小さいものやさりげないものは似合いません。

    ​【主な有名人】
    アンミカ、小池栄子、米倉涼子

似合うデザインは、似合う色と関係しているの?

色とデザインは関係ありません。
たとえば「冬」色は「シャープな印象」がありますよね。
だからといって「冬」色に該当する人全員が「シャープな印象」のデザインが似合うでしょうか?

答えはNOです。

「冬」色が似合う人でも、
ポップでキュートなイメージの人もいれば、
ロマンティックで女性らしいデザインが似合う人もいます。
ナチュラルでラフなデザインが似合う人もいれば、
ソフトな花柄模様が似合う人もいます。

デザインというのは、似合う色から導くのではなく、
あなたの顔立ち・骨格や体型、つまり【あなたの持っている形】から導くものなのです。

似合う色だけではダメなの?色とデザインはどちらを重視すべき?

どちらも大切です。
なぜなら、色とデザインは、それぞれ【全く異なる効果】があるからです。

⇒似合うってどういうこと?

【似合う色】は、肌の透明感や瞳の輝きを一層増してくれるので、あなたをより若々しく見せてくれます。
つまり、似合わない色を身に着けていると、実際よりも老けて見えてしまう…ということです。

【似合うデザイン】は、あなたの個性を魅力的に引き立ててくれます。
つまり、似合わないデザインのものを身に着けていると、あか抜けなくてダサく見えてしまう…ということです。

【似合う色×似合うデザイン】を身に着けた時、あなたの本来生まれ持っている最高の美しさが現れます。
誰もがハッとするほどのオーラをまとい、最高の輝きを放つようになります。

1+1=2ではなく【無限大であるその効果】を、ぜひ実感してみてください。

似合うデザイン診断で何が分かるの?

診断で分かることは以下の通りです。

■ 似合うファッションイメージ
■ ネックラインの形(Vネック、ラウンド、スクエア、ボートネックetc・・・)
■ ボトムスやアウター、トップスのデザイン
■ 服地の柄や模様(水玉、ストライプ、花柄、チェック、ペーズリー、アニマル、レースetc・・・)
■ 服地の素材(綿、麻、ウール、シルク、シフォン、ベルベット、オーガンジー、レザーetc・・・)
■ 似合う靴、バッグ、メガネ、アクセサリーなど小物のデザイン
■ 似合うヘアスタイル
■ 自分の魅力を引き立たせるメイク法
など他多数

詳細は<診断の流れ>をご覧ください)

似合うデザインはどこで判断するの?骨格診断との違いは?

■ 顔の輪郭、目・鼻・口といったパーツの形や配置バランス
■ 骨格や体型

これらがとても重要な判断ポイントとなります。なぜなら、この二つは【あなたが持っている形】だからです。
この【あなたの持っている形】と【プラスの錯覚効果を起こすデザイン】が、あなたに似合うデザインということになります。

「骨格診断」の理論は、骨格や体型で似合うラインとシルエットを分析するものですが、
似合うデザインを決める上では、「顔立ち」も欠かすことができません。
「骨格と体型」がほとんど同じでも、 顔立ちの違いで似合うデザインは大きく異なるからです。
同じスレンダーなモデル体型同士であっても、顔立ちが異なっていたら、似合うデザインも当然異なるということです。

<→骨格診断について>

似合うデザインは一生変わらない?

大きく変わることはありません。なぜなら、あなたの持っている形を形成する要素である骨格と目鼻立ちは、成長後は大きく変わらないからです。

ただし、体重や加齢によって変化する体型やフェイスラインによって、似合うラインやボリュームが微妙に異なってくることもあります。「昔は似合っていたのに、最近なんだかしっくりこない」と感じる服やスタイルが出てくるのはこのためです。

また、整形手術を施した場合は、似合うデザインも大きく変わってきます。

似合わないデザインの服は処分すべき?

いいえ、捨てないでください。
パーソナルデザインが判明したからといって、決して着られる服やファッションの幅が制限されるというわけではありません。
一枚のテーラードジャケットも、合わせるアイテムによって様々な着こなしが可能です。

「何を着るかではなく、どう着るか?」が問題です。
似合うファッションの傾向、軸となるものがしっかりしていれば、なりたいように着こなせます。