パーソナルデザイン

ロマンス×ボーイッシュの最強コンビ『メンタリスト』~海外ドラマにみるパーソナルデザイン考察~

2020-05-06

アメリカの刑事ドラマのなかでも、これは陽気な感じで楽しめるのではないでしょうか。

メンタリスト

ワーナー海外ドラマ公式サイトより

 

なんといっても魅力的なのは主人公のパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)

元詐欺師ですが、人を見抜く天才的な洞察力を買われてカリフォルニア州捜査局(CBI)のコンサルタントとして大活躍。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Mentalist(@mentalist_cbs)がシェアした投稿

ご覧の通り、イケメンです。

でも、性格悪いです。
(いつも人を食ったような態度でチャラい)

やり方も汚い。
(人を騙す、罠に陥れる、、捜査法は型破りで同僚をいつも振り回します)

しかもめちゃ弱い。
(刑事ではないので銃は持たず丸腰、口でケンカは売るけどすぐ逃げます)

 

でも、なぜか憎めないんだよねぇ、ジェーンって。

 

という感じを実に魅力的に演じているのが、オーストラリア出身の俳優サイモン・ベイカー。
ドラマが大ヒットしたのも納得の当たり役だと思います。

 

こちらは若い頃の本人(と奥様)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Simon Baker(@snappytoes)がシェアした投稿


20代の若い頃に結婚、以来奥様ひと筋で今もラブラブ。
(子供は3人いて、皆かわいい☆)
趣味はサーフィンで、地元の大会で優勝するほどの腕前。
役者だけでなく脚本・制作・監督もこなし、メンタリストでも数本は彼が監督を手掛けてます。

って、どんだけリア充なのよ!という感じですが(笑)

 

パーソナルデザインは、この甘いマスク、もうご覧の通り。
ザ・<ロマンスタイプ>
甘くてセクシー、とても華やかな印象です。

パーソナルデザイン8タイプについてはこちら

 

ロマンスタイプが演じた刑事ものだと、古畑任三郎(田村正和)ガリレオ(福山雅治)、法廷ものだとヒーロー(木村拓哉)などありますが、事件を華麗に解決する様がハマってます。

刑事ドラマでもパーソナルデザインのタイプによって魅せ方が違うように思います。
(その辺はまた別の機会に)

 

ロマンスタイプはとにかく周りを振り回します。
そして、皆たいがいナルシスト、笑。

主役がこういった場合、相手役の女性は生真面目で実直な役柄が多いかもしれません。

『ヒーロー』の雨宮舞子(松たか子)『ガリレオ』の内海薫(柴咲コウ)とか「もう!!なんで そんなんなんですか!!」と、いつもプンプン怒っているイメージありませんか?

 

ジェーンの相手役、テレサ・リズボン(ロビン・タニー)も例にもれず、真面目で仕事熱心な捜査官。
毎度ジェーンに振り回されてよく怒ってます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Tunney(@robintunney)がシェアした投稿

身長162cmですが、映像で見ているともう少し小柄に見えます。

スリムで小顔、キラキラした瞳。
<キュートボーイッシュタイプ>ですね。

 

捜査チームのボスで部下からの信頼も厚く、かなりデキル女ですが、オシャレに無頓着。
基本、動きやすいシャツにパンツ+ジャケットを羽織って完成!というのが定番スタイルです。

ファッションを楽しむという感じではないのですが、<ボーイッシュの大人な仕事ファッション>として参考になりそうと思ったのはこちら。

 

あと、おとり捜査でドレスアップした素敵なスタイルもありましたよ。

ちなみにリズボン、かなり男前な性格でセクシーな態度などみじんも出さないのですが、すごくモテるんです。

めずらしくピンクのドレスを(一瞬だけ)着た回があったのですが、可愛かったです!

このドラマは吹替版もすごくいいですよ。
ジェーンの声などは、本人の実際の声を聞いて「え、なんか意外…」と思ったほど、郷田ほづみ氏吹替の甘い声がハマってます。(字幕版と見比べてみても面白いかもしれませんね)
他の登場人物もすごく魅力的で、シーズン7で終わってしまったのが残念。
ずっと見ていたいと思ったドラマでした。

タグ: , ,