骨格診断 FAQ

骨格診断って何?

骨格診断とは、一人一人の骨格、筋肉や脂肪のつき方、関節の発達のしやすさなど、生まれ持った体の質感やボディラインの特徴をとらえたうえで、体型をよりキレイに見せるファッションスタイリングを分析する手法です。

骨格スタイルは以下の3タイプに分類されます。

骨格診断で何がわかるの?

似合うファッションを選ぶための3大要素は「色・デザイン・素材」になります。これら3つがすべて似合っていてこそ、一人一人が持っている魅力を最大限発揮することができるのですが、骨格診断によって、これらのうちの「デザインと素材」の部分、特に以下の2点がわかるようになります。

【1、デザイン】
スタイルアップして見えるラインとシルエット

​【2、素材】
着やせし、垢抜けて見える素材

※デザインの中でも、似合うファッションイメージ、ネックラインや柄、小物やアクセサリーなどは、フェイスラインや顔立ちの要素も関連してきます。

どうやって診断するの?

手首や肩、腰回りなど数か所を触診して、骨格や筋肉の付き方、肌の質感を確認します。
​また、ベルトやアクセサリー、ジャケットなどを実際に着用していただいて、重心バランスや似合うシルエット、丈感を見ます。

ウェーブタイプですが、フェミニンなファッションがいまいち似合いません…

ウェーブタイプだからといって曲線的でフェミニンなファッションが似合うとは限りません。
例えば写真の4種類のファッションはすべてウェーブタイプの着こなしですが、ファッションのテイストはそれぞれ異なります。

骨格は同じウェーブだとしても、ボーイッシュやアヴァンギャルドなイメージの方、シンプルなものが似合う方など様々なタイプの方がいます

また同じ骨格とイメージの方同士だとしても、身長や顔立ち、肌の質感などによって似合う素材や柄、アクセサリーの大きさやテイストなども異なってきますので、トータル的に見てどういうファッションが似合うのかを提案させていただきます。

骨格診断とパーソナルデザインはどちらを優先させるべき?

どちらも大切です。
骨格のタイプが分かることによって、スタイリングにおいて気を付けるべきポイントが分かるようになります。これを外すと(太って見えたり、胴が長く見えたり、貧相に見えたり)スタイルが悪く見えてしまうのです。

例えばこちらの写真、3枚ともエレガントなイメージのブラウスとタイトスカートの着こなしですが、骨格タイプによってそれぞれ着こなしのポイントが異なります。

また骨格に合ったスタイルだとしてもイメージを無視すると、個性が消えて印象に残らない、もしくは垢抜けない印象になってしまいます。

太ったり痩せたり、筋トレしたりで診断結果は変わりますか?

体重の増減や経年の体型の変化によって骨格自体は変わらないので、痩せていても太っていても診断結果は同じです。

​骨格のタイプによって、脂肪や筋肉の付き方、太り方にも特徴がありますが、根本的には「体型」ではなく「骨格(骨の太さや全身バランス)」を見て判断します。