変身事例(Before&After)

グレース/ファッショナブルタイプの変身事例

Before
After

身長167cm、スラっと長身のY様。
大学時代はフィギュアスケートをやってらしたそうで、スタイル抜群の美人さんです。

しかし「美人でスタイルがよければ何を着ても素敵に見える…わけではない」ということがこちらの比較写真を見ておわかりいただけるでしょうか?

左の辛子色のざっくりニットとグリーンのギャザースカート。
とてもかわいい色合わせですが、Y様が着るとどうにも野暮ったくなってしまう…。
カジュアルなテイストがY様の大人っぽい知的なイメージとはチグハグな印象。

一方、右のような深いVネックのブラウスにダイナミックな柄の入ったプリーツスカートを合わせるとどうですか?シャープなデザインがとてもスタイリッシュです。
ロイヤルブルーがとても華やかですね。コントラストの強いスカートの配色もとても素敵です。

Y様に似合うポイントをもう少し詳しく見ていきましょう。

【パーソナルデザイン】グレース/ファッショナブルの着こなし

Y様の骨格は上半身に厚みがあるので、左のようなストンとしたワンピースを着るとダボっと見えてしまいます。
右のようなピタッとしたニットにタイトスカートを合わせた方がスタイルよく見えます。
またドロップショルダーだと肩の丸みが強調されてしまうので、右のようなセットインスリーブの方が肩回りがスッキリ見えます。

パーソナルデザインが<グレース>の方は、上品なコンサバファッションがとてもよく似合います。
無地でノーアクセサリーでも地味にならない、シンプルなスーツとかもオシャレに着こなせるタイプです。
Y様はグレースの正統派で上品なイメージを持ちつつ、身長も高めでお顔立ちに華やかさもあるので、大柄なものやコントラストのハッキリした配色も着こなせます。
「チェック柄のアイテムが欲しい」とおっしゃってましたが、チェック柄を選ぶ場合、大きすぎる格子柄はY様にはカジュアルすぎるので、クラシカルな印象のタータンチェックやバーバリーチェックがおすすめです。

​【パーソナルカラー】冬色メイクで優しい印象に見せるには?

左の写真、ノーメイクではありませんよ!
ブラウンシャドウとコーラルオレンジのリップ、Y様が普段されているメイクのまま撮らせていただきましたが、写真で見るとすっぴんぽく…明るい春色のティファニーブルーも色だけが浮いてしまって顔色がくすんで見えてしまいます。
一方、右の写真はファンデーションはそのままでポイントメイクだけをアレンジしたものですが、透明感の上に華やかさがありとてもきれいです。鮮やかな冬色のブルーがとても似合ってますね。

目鼻立ちのハッキリした美人顔のY様ですが、悩みは「きつそうに見られるのが嫌。優しく見えるメイクを教えてほしい」ということでした。
Y様のパーソナルカラーは<ウィンター>なので、クールで鮮やかな色がとてもお似合いですが、「こういうハッキリした色だときつそうに見えませんか?」と心配されるお客様もなかにはいらっしゃいます。

今回のポイントメイクでは、アイシャドウで締め色を使わず、ピンクをアイホール全体に入れた上にシルバーをほんのりのせて明るさをプラスしました。
アイラインはブラックではなくグレーを使い、黒目の上部を太めに描いて目を丸く見せるのがポイント。
眉はブラウンではなくグレーで少し太めに描いた方が、目とのバランスがよくなりも表情も柔らかく見えますよ。
青みピンクのリップは顔色をとても明るく見せてくれます。