変身事例(Before&After)

大学生のT様

Before
After

キラキラ光る大きな目が印象的なT様。
身長148cm、小柄で溌剌とした印象です。

左のピタッとしたカットソーにレースのタイトスカート。
こういうシンプルでコンサバなスタイルだと、平凡で印象に残りません。
レースのスカートは丈が中途半端、色もベージュだと下着っぽく見えてしまう…。
カットソーの明るいターコイズ色もT様が着ると少し色が浮いた感じになり、顔映りが悪くなってしまいます。

一方、右のような鮮やかなマゼンタ×ブルーのコントラストがハッキリした配色を合わせると、とてもオシャレで垢抜けた印象になります。

T様は身長が小柄な割には、大ぶりなイヤリングやワイドパンツも難なく着こなせます。
T様に似合うポイントをもう少し見てみましょう。

【骨格】ナチュラル(×ウェーブmix)
【PD】キュートアバンギャルドの着こなし

左のツヤ感のあるポリエステル地のグレージュのワンピース。
こういうテロンとした生地でピタッとしたワンピースを着ると、若干貧相に見えてしまいます。
大きく開いたドレープネックにシンプルなパールの一連ネックレスだけだと寂しい印象。

一方、右のタックドカラーの黒いブラウスは、ふんわりとした立体的なシルエットで、デザイン性のある襟元や袖口が素敵です。
なんとこのブラウス、おばあちゃんにもらったそうです!おしゃれなおばあちゃんですね。

このブラウスに、ロールアップしたデニムのテーパードパンツとシルバーのベルトを合わせてみると、どうでしょう?
T様の個性である少年のような爽やかさとコケティッシュな雰囲気があいまってとてもかわいいですね!

個性的で大ぶりなイヤリングもとてもお似合いです。

色とデザインの『似合う』法則

どちらも似たようなシルエットのチュニックワンピース。
​形はどちらも似合っていてかわいいのですが、左右で違いがいくつかあります。

まずは【色】
明るいキャメルブラウンは、T様にとって苦手な色。
肌がくすんでしまい、フェイスラインもぼんやりしてしまいます。
右のような黒×白などコントラストのある配色がとても似合います。

​次に【柄】
左のように無地でもかまいませんが、右のような大胆でモダンな抽象柄がとても素敵です。
T様は水玉やチェック、幾何学模様などハッキリした柄で大柄なものが似合います。

そして【アクセサリー】
アバンギャルドの方は、アクセサリーなどで着こなしに変化をつけるとぐんと垢抜けます。
​ボリュームがあって個性的なデザインのものがとても似合います。

​肌の透明感が引き立つメイクカラー

こちらの比較写真、実はファンデーションと下地はどちらも同じものです。
でもリップとアイシャドウ、チークのポイントメイクの色を変えただけでこれだけ変化します!

パーソナルカラー<冬>の方は特にリップが大事。
鮮やかな青みローズが肌の透明感を引き立ててくれます。

お客様のなかには<冬>と診断されてテストカラーのリップを付けようとすると「えっ?!こんな濃い色…ちょっと派手過ぎませんか…?」と躊躇される方もいらっしゃいますが、いざ塗ってみるとそのあまりの美しさに皆「うわぁ!すごい!!」と納得されます。
こういう鮮やかな色が似合わない場合は唇だけが派手で浮いた印象になってしまいますが、似合う方がつけるととても華やかになり、不思議と目力もアップします。

​黒がこんなに似合うのも<冬>の人ならでは。
​ベージュなどのぼんやりした色だと野暮ったい印象になってしまうので気を付けてください。