パーソナルカラー

パーソナルカラー別ヘアカラー

2017-09-21

テレビや雑誌で芸能人やモデルを眺めていて
「この人、茶髪じゃない方が垢抜けるな…」とか
「就職活動中だから…」と突然黒髪にした友人を見て違和感を感じることはありませんか?

 

顔に近い色ほど、顔映りに大きく影響を及ぼします。

つまり<メイクの色>と<ヘアカラー>はとても大事なんですが、イメージコンサルティングを受診されるお客様の中で「髪の色をどうしたらいいかわからない」と髪色について悩んでいらっしゃる方がけっこういらっしゃいます。

特にサマーの方などは、「茶色くすると浮いてしまうのだけど、黒髪のままだと重くて似合わないし、どうしたらいいかわからない…」と迷われている方が多いです。

 

4シーズンの中で一番明るい色が似合うのは《スプリング》の方です。
オレンジや黄みに寄った明るめのブラウン、ゴールドブラウン系の明るくツヤっぽいクリアな色がよく似合います。
16タイプで<ビビッドタイプ>の方は黒髪も似合いますが、ツヤ感を出すとキレイです。

 

《サマー》の方は、ピンクや赤みを感じさせるソフトなブラウンが似合います。
ラベンダーやライトアッシュ系の色もいいですね。

黄みを抑えた色に仕上げるのがポイントです。
黒髪のままで似合う人もたくさんいますよ。

 

《オータム》の方は、オレンジや黄みに寄った落ち着いたブラウン、カッパーブラウン、マロンブラウン、マット(グリーン系)などの深みのあるブラウンが似合います。

あまり明るくしすぎると品のない感じになってしまうので、中明度までに抑えるようにした方がいいでしょう。

 

《ウィンター》の方は、ツヤのある黒髪が似合います。

カラーを入れる場合は、黄みの少ないダークブラウンやアッシュ(ブルーグレー)系がおすすめです。
モード系のファッションが似合う方はワインレッドやパープルなどの個性的な色を入れてみても素敵ですね。

 

最近はヘアカラーの技術も発展し、種類も豊富でむしろどれがいいのか迷ってしまうくらいなのですが、「この色!」と指定するよりはむしろ「あまり黄みに寄らない色で色素が薄い感じにしてほしい」などイメージを伝えた方がわかりやすいと思います。

 

パーソナルカラーは各自生まれ持った色(肌の色や髪、唇の色)に調和する色なので、そもそも地毛の色はご自身のパーソナルカラーに調和するように生まれ持っています。
なので髪色に迷われている方は<地毛の色>という原点にいったん戻ってみてもいいかもしれませんね。

 

あと、最近はパーソナルカラーを取り入れた提案をしてくれるヘアサロンも増えているようで、ヘアサロンやヘアカラーのサイトを見ていると、パーソナルカラー別のおすすめヘアスタイルまで載っているところがありますが、似合う髪型は骨格やフェイスライン、顔立ちから導かれるもので、パーソナルカラーとは関係ないので気を付けてくださいね。

タグ: